白内障手術、硝子体手術、眼瞼下垂手術、加齢黄斑変性の治療(日帰り手術)
スガモト眼科は先進医療認定を受けている医療機関です。

オペ室、設備のご紹介

スガモト眼科では、最新の医療設備の整った清潔なオペ室、
付き添いの方もゆったりくつろげる手術専用ロビー、術後の回復室をご用意しています。

手術専用ロビー

白内障になった水晶体

白を基調とした清潔感のあるロビーです。壁には多摩の風景を描くことで知られる画家、知久正義の壮大な作品が飾られています。大きな窓が並び、明るい自然光が入ります。
手術前の患者様、ご家族様のみが使用できる半プライベートな空間となっており、手術直前までリラックスしてお待ちいただけます。お付き添いのご家族様も、手術終了までこちらで安心してお待ちください。

オペ室

白内障になった水晶体

手術室は清潔を第一に、心電図モニターや酸素も完備しております。
白内障手術や眼瞼形成手術だけでなく、網膜硝子体などの高度な手術を含め、眼科手術全般に対応が可能です。

レーザー治療室

白内障になった水晶体

糖尿病・裂孔等の網膜疾患、緑内障レーザー治療、後発白内障の治療を行います。
眼底疾患のレーザー治療は網膜に光を当てますが、緑内障や後発白内障は、前眼部と呼ばれる虹彩や水晶体嚢(眼内レンズの後ろ)にレーザーを当てる治療を行います。

手術前室

白内障になった水晶体

麻酔科医が術前の問診や点滴を行います。
麻酔は点眼や注射による局所麻酔で眼科医が行いますが、執刀医のみならず麻酔科医も患者様の全身の状態を把握します。術中、術後に全身の異常が出た場合は麻酔科医が対処します。

リカバリールーム

白内障になった水晶体

手術後、患者様の緊張した心と体を休めていただく回復室です。大きな窓が並び、自然光が差し込む清潔感のある明るい空間となっております。ソファーにおかけになり、リラックスして次のご案内をお待ちください。