白内障手術、硝子体手術、眼瞼下垂手術、加齢黄斑変性の治療(日帰り手術)
スガモト眼科は先進医療認定を受けている医療機関です。

小児斜視弱視外来

photo

生まれたばかりの赤ちゃんは、"明るい・暗い" 程度しか分かりません。視力にしておよそ(0.01)位だと推測されています。1歳で(0.1)位になり、その後も背丈や体重が増えるのと同じように視力も徐々に成長し、6歳前後で(1.2)が見えるようになります。
人間の視機能は8~10才で固定するといわれており、それまでに(1.2)が見える視力を育てなければなりません。何らかの影響で視力の成長が妨げられ、十分に視機能が育たないままだと、一生(1.2)が見えない目になってしまう可能性があります。これが弱視です。

斜視弱視外来(しゃしじゃくしがいらい)について

斜視の種類

斜視の種類

弱視を防ぐため、当院では2週間に1度「斜視弱視外来」を設けています。
視能訓練士と医師が連携し、診察を行います。視能訓練士とは眼科診療における検査のプロフェッショナルで、国家資格を保有した専門スタッフです。

弱視の原因となる斜視や屈折異常を精査し、それぞれの患者様に合わせた眼鏡などで補正しながら、時間をかけて視力をうまく育てていきます。そういった視力の育成・訓練計画を立てるのも、視能訓練士の大切な仕事です。

難症例に関しては多摩総合医療センターの斜視弱視専門外来と連携し、治療を行っていきます。

診療日時

第1・3土曜日 9:00〜12:00 

・初回の診療は一般外来としてご来院ください。

・斜視の写真を持参下さい。

次のような症状のあるお子様には注意

  • ・黒目の位置が、外や内側あるいは上下にずれている
  • ・視線が定まらない。焦点が合ってないように感じる時がある
  • ・両目で見た時に、物が二つにだぶって見えるという
  • ・遠近感・立体感がとりにくい
  • ・片目を隠すと機嫌が悪くなる
  • ・目が揺れている
  • ・片目をつぶって見る、首を傾げて見るなど、見方に極端な癖がある

治療法

視機能を育てるため、特殊眼鏡処方や訓練指導をおこないます。
視力が固定するまで数年間にわたり、継続的な治療を行います。また斜視に関しては、斜視眼の視機能育成目的以外にも、外見上の理由で患者様やご家族が手術を希望される場合、大学病院や、都立病院を紹介しています。

専門外来のご案内

スガモト眼科では大学病院と連携し、小児斜視弱視と緑内障において専門外来を設けております。