白内障手術、硝子体手術、眼瞼下垂手術、加齢黄斑変性の治療(日帰り手術)
スガモト眼科は先進医療認定を受けている医療機関です。

結膜弛緩症の手術

結膜弛緩症手術の内容や流れ、手術後の注意点をご説明します。

結膜弛緩症手術(けつまくしかんしょうしゅじゅつ)について

結膜弛緩症手術
結膜弛緩症手術

結膜とは白眼の表面を覆っている半透明の薄い膜のことです。加齢と伴に肌の皮膚がたるむように、結膜もたるみます。
涙は白眼の表面と下眼瞼で作られる隙間、結膜嚢にためられ、上まぶたが下から上にあがる時(まばたき)、その涙を引っ張って角膜を濡らしているのです。たるんで伸びた結膜がこの結膜嚢を埋めてしまうため、流涙やドライアイがおこります。
当院では手術でこの伸びた結膜を切除し、健全な結膜嚢を再構築しています。

主な手術方法

1
点眼麻酔をして結膜の余った部分を切り取り、縫い合わせます。
2
一番細い糸で縫うので異物感はありません。一週間後を目安に抜糸します。

手術時間について

10分程度で終了します。

スガモト眼科では毎週月曜日午前中に行なっております。

手術後の注意点

術後3時間ほど眼帯をしていただきますが、当日中に洗顔も可能です。