白内障手術、硝子体手術、眼瞼下垂手術、加齢黄斑変性の治療(日帰り手術)
スガモト眼科は先進医療認定を受けている医療機関です。

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性の治療内容や流れ、注意点をご説明します。

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の治療について

加齢黄斑変性

正常黄斑

加齢黄斑変性

加齢性黄斑変性症

加齢黄斑変性とは、加齢により網膜の中心部にある黄斑(おうはん)に障害が生じて、見ようとするところが見えにくくなる病気です。
黄斑は網膜の中心にある、視力に最も関わる大事な部分です。この黄斑下の脈絡膜に、悪性の血管(脈絡膜新生血管)ができることにより、網膜黄斑部がダメージを受けていく疾患です。
新生血管が出血をくり返すことで、視力の低下やゆがみ、視界の真ん中が見えなくなる「中心暗点(ちゅうしんあんてん)」、色の判別が難しくなる症状などが現れ、失明にいたる場合もあります。

主な治療法

抗VEGF(血管内皮細胞増殖因子)阻害剤硝子体注射

当院では商品名「ルセンティス」と「アイリーア」を扱っています。
これらの薬は、新生血管を小さくさせ、黄斑の浮腫(ふしゅ=むくみ)や出血を減少させます。
月に1回の注射を3カ月行うことによって新生血管は縮小していきますが、数ヶ月後再び活動性を持ち始める事も多く、長期に渡って反復投与が必要になります。

光線力学的療法(PDT)

光に感受性の高いビスダインという特殊な薬剤を点滴し、そこに特殊なレーザーを優しく当てると、網膜は焼けずに、網膜の下にある脈絡膜の新生血管が塞がるという治療法です。
光に対して過敏になるので、4~6日くらいは強い光(日光など)をさけて頂く必要があります。

※当院では施行しておりません

治療時間について

スガモト眼科では毎週月曜日午前中に行なっております。